検査機器

デジタルX線装置

骨の状態をX線撮影装置で観察し、患者様に合った処置が正確に行えます。

骨塩定量装置(大腿骨、腰椎) 

信頼性の高いDEXA法という方法を用いた装置により腰椎と大腿骨頚部で検査を行ないます。

レントゲン室
DEXA

超音波診断装置 

レントゲン検査での判断が難しい筋肉・腱の線維の断裂や損傷を確認でき、出血の有無や血流の増加、軟骨の状態、腱・筋を動かしながら画像(超音波検査)で確認することができます。また、検査による痛みがなく、X線が出ないため、安心して検査を受けていただけます。

エコー診断機器

血管機能(血圧脈波)検査装置

血管の硬さや詰まり具合を測定し、動脈硬化の進行度を知ることができます。
四肢の血圧を同時に計測し、検査痛みはないので安心して受けていただけます。

血管圧波測定機器.jpg